2013年12月23日

HGUCリバウ その1


さて、今日は『ビルドファイターズ』12話『ディスチャージ』の放送です!o(^-^)o
今週はどんな話になるのか?
どんなMSが登場するのか??
どんなネタと笑いをくれるのか???

非常に楽しみであります^^

そんな『ビルドファイターズ』ですが、年末年始の無料配信が決定されました!!
期間が決まっていますので(1日2話)、『まだ見てないんだよね・・・』とか『途中から入ったから見てない話があるんだよね・・・』と言う方は是非是非この機会に楽しんでみて下さいね^^
個人的には5話までは主要キャラの顔見せ&世界観・人間関係の下地作り、6話からはそれらを絡めてドンドンヒートアップしていく展開・・・と思ってます。

配信スケジュール
http://www.sunrise-anime.jp/news/gundam-bf/

そして、その盛り上がりの一つのピークとしての折り返し地点!
今日も熱くさせてくれる展開が待っているはずです^^

是非、お楽しみに〜^^
見れない方も21時より無料配信が始まりますのでお見逃し無く!^^

公式サイト
http://gundam-bf.net/


と言うワケで、今日は余談もソコソコに、楽しみにしていたプレミアムバンダイ専売品となる『HGUCリバウ』を組み立てていきます^^

1223002.jpg

赤一色刷のパッケージは『プレミアムバンダイ』商品の印・・・。
もちろん一般販売品ではないので、HGUCシリーズのナンバリングは無しです。

袖付きがフロンタルに用意した機体で、『バウ(ZZ)』を元にサイコフレームを組み込み、大幅に改修したニュータイプ専用機です。
後にシナンジュを強奪することでフロンタルはそちらに搭乗、この機体は他のパイロットの手によりいくつかの実践に投入された・・・と言う事です。

まぁ見ての通り、『バウ』と『シナンジュ』を足して2で割ったようなデザインで(笑←乱暴すぎる^^;)、名前は『リガズィ』と同じ経緯で名付けられたと思われます^^(リファイン・バウ?)
バウ自体が結構カッコイイMSで、ちょっとゼータ系を思わせるヒロイックなデザインラインを持っている為、そこにシナンジュのイメージを足したとなればカッコ良いも同然・・・(かなり主観が入ってます^^;
そんなカッコイイ機体、作りたくもなるじゃないですか!
しかもバウはネットでもゼータと組み合わせて作る方も多くて、それらがカッコ良いのなんのって・・・^^
僕も作りたいなぁ〜と思ってただけに、リバウはバウのデザインと向かい合うちょうど良い機会だな、と思ってました^^

では、さっそくランナーを見ていきましょう^^

1223005.jpg

バウのランナーです。
全部・・・なのかな?
赤いバウが作れます(たぶん^^;

1223006.jpg

コチラはシナンジュのランナー。
使うのは武装と手首ですね。

1223008.jpg

そして今回のキモ!
『リバウ』専用のランナーです!!
・・・ん(?_?)?
同じランナーが2枚入ってます・・・^^;;
ず・・・随分と思いきった仕様ですね・・・(^_^;A

1223009.jpg

『HGUCフェネクス』もこんな感じでしたっけね・・・。
プレミアムバンダイ専売品としては、新たに起こせる金型枚数に限界があるのかもしれません・・・。

こりゃ・・・、結構なオオモノ(色んな意味でw)アイテムの予感がプンプンします^^;;
(完成画像見ててわかってはいたけどw

1223013.jpg

唯一救いは追加パーツもPCを組み込む仕様というところでしょうか。
今流行りのフォーマットだったらきっとコレ、新素材のプラ成形なんだろうなぁ〜・・・とか思っちゃいましたっけ^^;

1223016.jpg

本体完成。
設定画とか見なければ、コレはコレで結構好きなバランスだったりします^^
足が短くて胴が寸詰まりで手首がデカいとか、頭もちょっと大きいかも・・・とか、色々言いたくもなりそうなもんですが・・・(笑)
なんか真ん中に『ギュッと集まっている感』があって、纏まりが良いと言うか。
コレはコレで結構アリです、個人的には。

そうそう!
スネ外側ユニットを取り付ける基部とフロントアーマー上部のエングレービングは『要接着』パーツとなっています!
バンダイさんの商品でこの対応は非常に珍しい対応ですが、それだけギリギリの内容って事なんでしょう^^;
僕は仮留めとして両面テープで固定しています。

1223018.jpg

大きい下半身に小さめの上半身で、上に向かって綺麗な2等辺三角形プロポーションがちょっと良い感じ^^
個人的にはもっと胸を張らせたいとかも思いますが、いや、コレはコレでなかなか・・・w

1223023.jpg

まぁ・・・でも普通に『あの』設定画を楽しみにしている方にはキットとしては乖離しすぎているとも言えます^^;
そう言う意味ではこのキットは『リバウのデザインをHGUCバウを最大限利用してすりあわせたバランスになっている』とも言えるのかもしれませんね。

その辺は個人的には良いのですが、ソコよりも僕が一番引っかかるのが・・・。

1223027.jpg

いやぁ〜・・・、顔はダメでしょ、コレ(^_^;A
決まった数のパーツでリバウにしなきゃいけない制限付きパズル的要素があるとは言え、顔だけは力入れて欲しかったなぁ〜と思いましたねぇ〜。
コレは『HG水準ではない』でしょう・・・(´・ω・`)

それに、胸のエングレービングが無い!?ΣΣ(゚Д゚;)
ダクト下の板(ゼータ系で良く見るところ)にもエングレービングが無い!?ΣΣ(゚Д゚;)ΣΣ(゚Д゚;)

そりゃ厳しいですよねぇ〜・・・。。。

この仕様は素直に残念・・・。

1223030.jpg

ウィング完成。
基部横のウィングユニットが新規パーツです。
左右共通部品割りにしつつ、左右の接続パーツを入れ替えることで左右差を出す仕様。
(アレ?この表現伝わります?^^;)

1223038.jpg

なかなかのボリュームとなっています^^

1223051.jpg

ライフルとシールドと。
シールドは丸々一枚残っちゃいますね^^;(基部がとPCがあれば左右シールドも出来るのにw)
シナンジュのライフルを持つという設定なので良いのですが、バウにはちょっと長い気がしますね・・・^^;

1223057.jpg

もともとボリュームのある機体ではありますが、リバウ用のパーツを追加することで更にボリューム感がアップしています^^

1223074.jpg

直近のF91と。
やたら大きさが違う^^;
バウ自体が結構大型MSなんですねぇ〜。。。
F91、肩と腕がそれぞれ連動してるので肩を上げると脇が締まらない!と言ったのですが、間違ってましたm(__)m
空いたスペース分だけ腕を下ろせるようになってました。
バンダイさんがそんな設計ミスをするはずがないですよね・・・。。。
大変申し訳ございませんでしたm(__)m
過去記事は修正させて頂きます。

さて、設定画とは似ても似つかぬ『HGUCリバウ』ですが・・・。
このキット自体は1つの立体物としては非常に纏まりが良いと思います。
設定画に似せるのはかなり大変な作業となりそうですし、どうやって弄っていきましょうかねぇ〜?
僕自身は設定画に似せようという気はあまり無いのですが(カトキさんの画稿はパッと見カッコ良いんですが、個人的には足長過ぎ、手が短すぎ・・・というのが顕著に感じられて・・・。リバウの画稿もそんな感じです・・・)。

とりあえず形状自体はキット肯定で、従来の方法で調整しようとすると・・・。

1223069.jpg

太ももで延長&寸詰まりに感じる胴を伸ばす。
コレはコレでスッキリした感じで良い気がします^^

ただ、流石に設定画を気にしないと言ったモノの・・・。

1223081.jpg

ココは違いが大きすぎるでしょ?(^_^;A
画稿を見ると、どちらかというとローゼン・ズールのようなハイヒール型なんですよ。
なのに、キットはどちらかというとシナンジュの靴のような形で成形されています。

うーん・・・。
どうしよう?
設定画のニュアンスを若干取り入れるか、それとも上の画像のような感じでプロポーションまとめちゃって、細部を煮詰めるか・・・。

迷うところであります^^;

モモ伸ばすのをやめて、靴のヒールを高くすることで身長を伸ばしたら・・・どう見えるんでしょうねぇ?

1223083.jpg

靴自体は最中なので、ヒール状にしやすいって言えばしやすい気もしますが・・・。
流石にココは予備もなく替えが聞かないのでちょっと慎重に考えないと・・・^^;;
でも手を付けるのはまずココから・・・の気がします^^

1223042.jpg

と言うワケで、『HGUCリバウ』でした。

キットの内容はかなりザックリした内容で、結果的には『リバウらしきモノ』と呼ばれても仕方がない商品とも受け取れます。
価格設定上しかたがない部分もあるんでしょうけども、『プレミアムバンダイ』さんを利用する客層を考えたら、値段が上がっても良いからもっとお金をかけて設計しても良いような気がしますね。

一般販売品なら30%40%オフ、送料もタダ、なんて時代です。

『それでも』わざわざ高いお金を払って!
配送料が丸々かかったとしても『それでも』プレミアムバンダイさんで買いたい!!

と言う方がほとんどではないのでしょうか?

損益分岐点が高いのでしょうが、その分価格に反映してでも・・・EXシリーズってのもありましたし・・・。

・・・アレ?
EXシリーズが立ち消えたからこんな内容でまとめちゃったのかな?(^_^;A

・・・と言うのは冗談にしても、たぶんあと500円〜1000円値上げしてももうちょっとしっかりした内容のモノを企画してくれた方が送料アリの通販でも買うような拘りの深いファンを満足させられるんじゃないか・・・と思いました。

まぁ一昔前に比べれば『新規金型丸々一枚』追加というのは、それだけでも破格の値打ちがあることですよ。
また今回の購入者の反応を踏まえて、将来出る商品に反映されると信じていますので、次回以降の商品企画に活かして頂きたいと思います^^

それでも・・・。
リバウをキットにしてくれてありがとうございます^^

今回は『貸し』にしておきましょうw

この貸しは『MGリバウ』で思う存分超絶カッコ良いヤツを立体化して返して下さいね!(笑
期待してます^^


と言うワケで、『HGUCリバウ』でした。

久々に面白いアイテムに出会っちゃいましたねぇ〜o(^-^)o
眺めながら『どうすればもっとカッコ良くなるのか?』ってので頭がいっぱいで・・・。

・・・ビルドストライクの残した作業するの忘れてました(^_^;A
完成しなかった・・・orz

さて、どうやって弄るか、どう言う方向に着地させるか、まずはソコを固めないと・・・^^

と言うワケで、今日はここまで。



posted by シンたろー at 16:15 | Comment(3) | HGUCリバウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

HGUCリバウ その2


年内最後の『ビルドファイターズ』は如何だったでしょうか?
皆で力を合わせて・・・という定番展開は分かってても燃えますねぇ〜^^
その後はあまり進展がなかった感じですが・・・。
今後の展開に向けてのひっそりした伏線となっているんでしょうか?
(今までの放送がそうだったので、きっとそうなんでしょうけど^^)

スタービルドにはディスチャージした上での技が3つ有ると思いきや、実はそもそも本体に3つの機能を持たせている、と言うことが判明。
『アブソートシステム』、『ディスチャージシステム』、そして残りは・・・?
技である『アクアモード』と関係があるんでしょうか?

ザクについて『誰かが乗り換えたのか?』とか、第2エピソード終了後に各自キットの状態について心配していましたが・・・。
やはり後半機ありますかね???(しかもそれぞれのキャラクターに!(゚Д゚))
次回放送は1月6日、いよいよ新OPが公開!
ソコに描かれているモノに大注目です^^

ダブルエックス以外で、シリーズ後半主役機が出てないんですよね・・・。
やっぱり・・・そろそろ・・・来るでしょう〜?^^


今日ようやくHJが到着〜^^
流石に新製品情報は特にはありませんが、最新テストショット等色々見れます^^
是非書店でチェックしてみて下さいね^^


今日は・・・クリスマス・イブですねぇ〜^^
と言う事は、学生さんはそろそろ冬休みですかねぇ〜。。。
羨ましいw
是非色々新製品も出ているので、好きなモノをいっぱい作って下さいね^^


さて、ではさっそく昨日の続きからです。

1224003.jpg

昨日最後まで悩んでいた靴を弄ってみました。
どうでしょうか?

脚の甲を切り離し、かかと部分との接続面を変更するコトで靴の角度を変更。
設定とは違いますが、何となく雰囲気が似たのではないでしょうか?
やはりその分身長が伸びてます^^;
かかとの底上げが凄いことになっていますが^^;;

1224027.jpg

具体的にはこんな感じですね。
キットは形状的には合っているのですが、上下の高さが圧倒的に足りない、解釈を間違えてしまったのか、ランナーに収まらないからアレンジしたのか、バウのキットに合うようにアレンジしたのか・・・。
どちらにしても元デザイナーのカトキさんがこの靴を見たら色々思われてしまうでしょう^^;;

まぁ僕の場合は簡単に雰囲気を・・・と言う事なので、こんな形にしています^^;
後はつま先の復元作業が残ってますけども^^;
どんな感じか見てみたかったので^^

今日届いたHJを確認したら、ココは新造になってましたねぇ〜(笑
その他の改修を見ても最近の作例の中では珍しいほどにかなり手が加わっていました^^;;
まぁ元キットが10年以上昔のモノですからねぇ〜・・・^^;;
凄く参考になりますw

脚は一端置いておいて、プロポーションで次に大きく気になったのが・・・。
腰部ですね。
正確にはサイドアーマーです。
S字立ちさせるとサイドアーマーが前側に出ちゃうこと、何より腰幅が大きく、胴の寸詰まりと合わせてスリムじゃないなぁ〜と思ったからですかね。

1224029.jpg

腰のフレームからサイドアーマー基部を切り離し。
市販のボールジョイントを入れることで回転機構を盛り込みました。
(多少自由が効くので前後上下に調整程度動きますけども。)
これでサイドアーマーを後に流すことが可能に。
ついでに羽根自体が脚の装飾等にやたら干渉するので、思い切り小型化しています。

・・・変形の事なんて全く考えてませんね(^_^;A
1回も変形させないまま工作に着手しちゃっているし・・・(^_^;A

1224014.jpg

今日の大きな工作はその2点。
その結果がコチラ。

お?
ちょっと良い感じかなぁ〜・・・。
まぁ、個人的には更に胴で伸ばしてバランス取りたいんですけども・・・。

1224021.jpg

そうすると、こんなイメージになります。
どうでしょうか?
だいぶ元キットよりもスリムなイメージになったのではないでしょうか?
個人的には結構満足してきましたよ〜^^

1224025.jpg

ココをベースに各部を煮詰めていくことにしましょうかねぇ〜。。。

それにしても・・・これだけ本体が赤いと、コイツがサンタに見えてきた(笑←重症^^;

1224025.jpg

今宵もコイツと向き合って色々考えましょう〜^^

では、メリークリスマス!
posted by シンたろー at 15:35 | Comment(16) | HGUCリバウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

HGUCリバウ その3


今日はバンダイさんの今年最後の新製品の出荷日です。
一気に新規金型モノ3つ、『サンダーボルト版』の出荷となっています^^

HGフルアーマーガンダム(サンダーボルト版)
HGジム(サンダーボルト版)
HG量産型ザク+ビックガン(サンダーボルト版)

ですね。
注目は・・・全部・・・ですよね^^;
『サンダーボルト版』の特徴はとにかく重武装と言う事。
ジムでシールド2枚、ガンダムに関しては4枚ですからね!ΣΣ(゚Д゚;)
ザクにはビックガンという1/144スケールで作ってもかなりの大きさのモノが出来上がるのは必至^^;
それだけに組み甲斐があるでしょうし、それぞれ作った後も干渉してデザインに理解を深める過程での満足感が高い商品と言えるでしょう^^

ガンダムに関しては1/144キットとしては実に旧キット以来のフルアーマーですから、素直に楽しみですよね^^
ビックガンはコミックを読んでいると量産ザクよりも旧ザクの方が欲しかった気もしますが・・・(笑

なんにせよ、組んで眺めるのが非常に楽しみですね^^
今週末は要チェックですよ〜^^
僕もナゼか溜まっているのに3つとも購入予定です。
・・・寝るスペースが無くなるぅ〜・・・(((;゚д゚)))


クリスマスも終わった・・・と思ったら、一気に年末モードに突入ですね(^_^;A
僕も昨日で年内最後のお休みが終了・・・(;ω;)
イブは明石家サンタを見ながら・・・と思ったら、ジムワークを頑張りすぎたのか、眠くて眠くて・・・(^_^;A
一応最後まで頑張って起きたモノの、番組終了と共に就寝〜。
『次の日塗装頑張るぞ〜!』と思って寝たのに、昼まで寝てしまい・・・^^;
全ての予定が飛んじゃいました(^_^;A

で、いざ塗るか!と思ったら今度は緑の塗料がないと言うオチ・・・orz
『ソコ?(´・ω・`)』
と思いつつ、買い出しに出かけたのでした。

そして・・・、MG誌を見て衝撃が走ったのです!(゚Д゚)

1226057.jpg

フリーダムカラーのビルドストライクFP!
これだけで目が冷める思いでしたよ〜^^;
そして中身を見てニンマリ(´ω`)
凄い。
発想が凄い。
いや、発想をロジックで導き出して構成されているところが凄いw

こういう作例はだいたい『センス』・・・という言葉だけで『全て完結』してしまうのですが(センスが無い人は蚊帳の外・・・(´・ω・`))、センスに頼らず、『ナゼこの作例(組み合わせ)に到ったのか?』に対して真っ向から考えられている思考プロセスが凄い参考になるし、それがキチンと本書に書き記されているから読むことが凄く面白いし勉強になります^^

それに加えてバンダイさんの商品に対する姿勢が分かるのも面白い。
(バンダイの岸川さんと西澤さんのPCについての突っ込んだ話とか、凄く良いですねぇ〜^^効きたくてもなかなか聞けないし、そもそも『ソコ』が話題になることも少ないですし・・・^^;)

この辺の特集でのアプローチの上手さは本当にMG誌ならではで、HJでも電撃でもできない(雑誌としての立ち位置の問題もあると思いますよ)アプローチだなぁ〜と思うわけです^^
いつも言うように、HJと電撃は基礎的な範囲内で収めている教科書って感じ(もちろん意図的に)で、MG誌は塾で使うようなちょっと難しい応用編の参考書的なイメージでしょうかね?(笑

久々の(年に2回くらい有るw←ってか、たぶんMG誌の他の特集もこんな感じのアプローチなのかもしれませんが僕はガンプラしかわからないので・・・^^;;)隅から隅まで何度も読み返したくなる特集でした^^

組み替え遊びから一歩ステップアップするには塗装だと思いますが、そこから更にもう一歩ステップアップしたいなぁ〜と思う『中級者〜』の方型には凄く為になる1冊だと思います!
これで780円は安いと思いますよ^^

ぜひ『ビルドファイター』を模型的にも楽しみたい方は1冊は保存版として持っておいた方が良いと思いますよ^^(アーカイブになると高いしw)

強烈にオススメです^^
ココは工作記なのでこれで終わりますが、もうちょっとしゃべりたい(笑)のでその辺は別記するとしますね^^;;

本屋さんもしくはアマゾンでどうぞ^^




・・・ってか、まだ読み切れていないので読みたいw

各作例の『どうしてそれ作ったのか?』と言う話がまた面白いですね^^
(僕は基本的に頭が固まっているので、『発想に到る経緯』ってのにとても興味があるのです^^)

あ、ベタ褒めしておいて『つまらない』って言われても困ちゃうので(汗)、一応書店で中身をご確認の上で購入して下さいね(^_^;A

僕にとっては良いクリスマスプレゼントになりました^^
作りたい〜!って気持ちが沸々と・・・。
でももっとじっくり読みたい〜!(爆


と言うワケで、今日の工作ですが・・・。
この時期はちょうど模型誌発売と重なっているので作業は少なめ。
(僕も模型誌を読みたいのです・笑

1226055.jpg

考える時間も欲しいし、時間ないし・・・で、息抜きにあまり弄らなくて良いと思われる腕をちょっと。
表面処理、微妙なC面落とし、関節を彫り込み(別パーツではないモノの、PCが隠れる仕様なのは嬉しい^^)。
ヒジの○モールドの中に市販パーツを。

これだけですね(^_^;A

ところで、昨日の買い出しの時にこれを買ってきました^^

1226058.jpg

ビルダーズパーツの『MSレリーフ』です。
これ、よーく見てると・・・。

1226059.jpg

矢印辺り、使えそうじゃないですか???(笑
『袖付き』のあの『エングレービング』、ルールはあるのでしょうが、その仕組みが全く持って分かっていないのですが・・・^^;
たぶん階級章なんですよね?
『ジオンマーク』や『ネオジオンマーク』と関係があるのか無いのか・・・その辺どうなっているんでしょ羽ねぇ〜?
何処かに資料とかがあるんでしょうか?
そろそろ知りたいなぁ〜と思ったり^^


その他の作業は息抜きで『戦国アストレイ』のプロポーションについてアレコレ考えてました(^_^;A
意外と『肩上の刀が干渉してジャマだな!』とか、『背中の鬼の面が干渉しているのか?』とか、アレコレ探ってみたのですが、どうやら関節の調整と肩後側の大型バーニアを外せば調整できるかも?

・・・と言う事で

1226041.jpg

こんな感じになってますけど・・・。
元より良くなっているんですかねぇ〜?(^_^;A
まぁその辺の話はまた後日って事で・・・^^


★拍手のレス★


頭部も2つあるんですよね
幸か不幸か(?)今どき珍しく横真っ二つのパーツ分けなので幅詰めはしやすそうです


そうなんですよね、2コ有るのでチョット『試す』のにはもってこいです(笑
確かに言われてみれば仰るとおりですね!
そろそろ頭も真面目に考えましょうかね・・・。
幅詰め、ちょっとチャレンジしてみようかなぁ〜^^

アイデア、ありがとうございます^^
posted by シンたろー at 15:03 | Comment(0) | HGUCリバウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

HGUCリバウ その3.5

今年も残すところあと5日ですね・・・(^_^;A
寒さも一段と強まってきているし、外を開けて塗装するのもツラい時期になってきました(^_^;A

さて・・・!
先月の模型誌等から取り上げられ始めているこの塗料、モデラーならちょっと興味があると思うのですが・・・。

アクリジョン(クレオス)
http://www.mr-hobby.com/2013awnew/

クレオスが開発した、新水性塗料『アクリジョン』であります。
個人的には先月見た時は・・・『水性かぁ〜・・・、あまり僕には関係ないかなぁ〜』・・・なんて思ってたんですよ。

謳い文句としては・・・

1.(ラッカーでは顕著な嫌なクサい)シンナー臭がしない!
2.ラッカー系に負けないほどの『乾燥の早さ』&『塗膜の強さ』

が挙げられるそうです。
今月の模型誌に到ってはレビュー的な記事も取り上げられ、性能的にはかなり上々の模様。

・・・って事は、これって凄い発明なんじゃない???(゚Д゚)

気になるのは『有機溶剤80%カット』、『危険物扱いじゃない』と言う所。

・・・なら、部屋を閉め切って塗装しても良いの???(たぶんダメだと思うけど^^;
ラッカー系と変わらない性能を持ちながら、体に悪い成分をカットできたのであれば、これを使わない手はない(積極的に切り替えていくべき?)と思うのですが・・・。

・・・なかなか新しいモノを『ハイそうですね^^』・・・と言う気分にはなかなかなれないんですけどね^^;

今はまだクレオスしか扱っていませんし(独占供給になるんでしょうか?)、色数も基本的な色は揃えてくれるようですが(既存の水性カラーと同色は出すそうです)、まだまだ色数豊富で各社の混色が出来る利便性の高いラッカーの地位を脅かす存在にはならないのかなぁ〜と思う次第。

シンナーが体に悪いことは当然わかりきっているわけで、個人的には使えるもんなら使ってみたいなぁ〜とも思いますけどねぇ〜。

チョット試すぐらいはしても良いのかもしれません^^

しばらくは1社供給でしょうし、クレオス社には今後更なる色数の充実に向けて頑張って欲しいところです^^


塗料関連でもうひとつ気になる商品が・・・。

イージーペイント(ガイアノーツ)
http://shop.gaianotes.com/shopdetail/000000000944/easypainter/page1/order/

コチラも今月のモデグラで結構詳しく載ってましたねぇ〜。
簡易エアブラシ・・・と言うよりかは、『混色した色をスプレー出来る』アイテムという趣でしょうか?
何よりも特筆すべきはその値段!(゚Д゚)
一式で1575円ですよ!
缶スプレータイプなので、エア缶が無くなったら新しいものを買わなければならないのですが、その缶も2つセットで1680円!ΣΣ(゚Д゚;)

今まで初心者の方に塗装について相談されたとしても、『ブラシがあれば誰にだって綺麗に塗れますよ』・・・と言いたいかったのですが・・・。
一式揃えると3万円程度するじゃないですか・・・(^_^;A←今はいくらなんだろう?^^;
今でこそ結構普及してますが、購入当時は僕だって『趣味でこんな高価なモノを購入して良いのだろうか?』と本気で悩んだもんですよ^^;
今となっては15年程度(スゲェ耐久力だな^^;)経ち、数々の完成品を塗ってきたので大変お買い得な買い物ではあったのですが(笑←ここまで長く続けているのも当時は考えられなかった^^;)。

まぁ僕の話はさておき^^;
この低資金で混色した色を塗装できると言うのは、模型初心者にとっては凄い利点だと思うわけです^^
缶スプレー塗装で物足りなさを感じている方は是非使ってみて欲しいところです^^

・・・いや、まだ僕自身が試していないのでオススメできるかは分かりませんが・・・^^;;
でも例え多少使い勝手が悪くても、このアイテムの存在は本当に模型を始めた方が、パチ組みから次のステップにステップアップする際にはとても良い存在になってくれるのではないか?と思います^^

で、いつかはエアブラシ・・・ってコトで(笑←長く続ければ続けるほど減価償却できますので^^

定価でも十分安い気がしますが、ヨドバシ等でもうちょっと安く手に入る様です^^
(アマゾンは品切れ中^^;)


以上、塗装関連の話題でした^^


さて・・・今日の工作はと言うと・・・。。。

里帰りしていた為、作業がほとんど進んでいません(^_^;A

・・・里帰り・・・。

ザナルカンドへ・・・(大核爆

1227001.jpg

いや、予約してたの若干忘れていたのですが、ついに来ちゃいましたね・・・^^;

懐かしい・・・(T^T)
『FF10』はPS2で初の『FF』、これが発表されたゲームショーか何かに行ったのですが(静岡ホビーショーで見たんだと思いますね、静岡に住んでいたので・・・^^;)、その映像の綺麗さ加減に鳥肌が立ったものです^^;;
衝撃的でした・・・。
そしてストーリーも当時のFF同様、先が見たくて駆け足気味にストーリーを進たくて・・・。
(7.8.9のプレステ時代は特にのめり込みましたねぇ〜^^)
そして『10』ですよ!
ちょっと切ない未来に向かって、、、絶望を感じつつ進めるストーリー。
そしてアクティブタイムバトルではないのですが、戦略性に富んだ戦闘システム。
成長システムが特殊だけど結構面白いスフィア版。

本当に僕の中では未だ『10』が最高傑作となっています^^
『10-2』?(^_^;A
うーん・・・(ーー;)
・・・最後までやってないかな・・・(^_^;A

ここ最近のFFが面白く感じなくないので、最後の傑作は『10』ですね・・・(´・ω・`)
12の後半辺りで眠たいながらもクリアーした気が・・・^^;
13は結局『1』の途中でやめちゃいましたっけ^^;

そんな名作が届いてしまったので、そりゃちょっと覗きたくはなりますよねぇ〜・・・(^_^;A
トルネが壊れて(正確にはハードディスクが壊れたと思う^^;)久しく電源が入ってなかったPS3の電源を入れると・・・。

1227002.jpg

超綺麗な画像で大満足(´▽`)

ちょっとプレーすると・・・

やはりストーリーに引き込まれるぅ〜^^;
何が良いって、劇中で『キミ』とか『おまえ』って言われるので、ティーダの名前を変更しても感情移入できるんですよね^^
『そして世界について何も知らない=プレイヤーも世界観を知らない状態』と、置かれている状況がリンクするので感情移入度合いはかなりのもの^^

この感覚が『12』以降のFFには無いんですよねぇ〜・・・。
『15』に期待?

と言うワケで、ユウナと再会(笑)し、最初のシンと戦うところまで進めちゃいました^^;
実に2時間半ほど^^;;
だって・・・面白いんだもん・・・(^_^;A

画像が綺麗で最高です^^
久々だったので通常のスフィア板で始めちゃいましたが、難しい方でもやってみたい・・・(爆
『10-2』はあまり合わなかった気がしますが、これを機にクリアーしてみたいな・・・。。。

・・・と、一応の野望は持ちつつ、模型の方も進めないと本気で在庫の山に押しつぶされそうなので頑張る次第です^^;

1227014.jpg

進めたところは左腕。
そしてフロントセンターアーマーの整形程度。

1227016.jpg

今月の模型誌を見ていると、皆こぞって胸部のライン・・・、コクピット横の部分が垂れているところを修正していますが・・・。
個人的にはあまり気になってないんですよね・・・(^_^;A
リガズィの時は気にはなったけど・・・。
キャラクターの差でしょうか?(もしかしたら設定画に近づける工作なのかもしれませんね^^;←最初のとっかかりでしか見てないからわかってない^^;)

とりあえず完成させる為にも表面処理を中心に進めながら、細部の煮詰めをしていこうと思います。

この先の大きな山場は頭部とつま先かな・・・。

クツ、電撃の作例を見ていたら幅詰めしたい気もしますが・・・綺麗に幅詰めするって難しいですよね^^;
どうしようかなぁ〜・・・。
今のままだと設置性もイマイチ犠牲になっているので、その辺もどうにかしたいところですね^^;

良し、今晩も頑張りましょう〜^^
『FF10』は新作じゃないですし、計画的に遊びます〜(^_^;A



posted by シンたろー at 18:46 | Comment(4) | HGUCリバウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

HGUCリバウ その4


つ・・・疲れた・・・。。。

と言うワケで、予想以上にちょっと間が開いちゃいました(^_^;A
全部通しで更新してやるぅ〜って思ったんですが^^;
長年打ちに遊びに来て頂いている方はご存じだとは思いますが、僕は年末年始働く人なんですよ^^;
(サービス業ですからね^^;)
近くにお寺があると言うことで、正月は1年を通しても1番の稼ぎ時っ!(`・ω・´)
明日に向けての仕込みで多忙を極めてました(^_^;A ←当社比w

決して『FF10にハマりまくってネタが作れなかった』わけではありません!(大笑


と言うワケで、改めまして、いよいよ今年も残すところ数時間・・・。
ここに遊びに来て頂いた方にとって、2013年という年は如何な年だったでしょうか?
僕自身は・・・思い返せば色々あったなぁ〜とは思いますが、長い目で見て、ココから数年で大きな節目が来そう・・・という予感がした一年だったでしょうか。

まぁ良かった!と言える方も、今年は最悪だった・・・という方も、是非ご自身のこの1年の労をねぎらい、来るべき新年に向けて・・・決意も新たに頑張って行きましょう〜!
お休みの方はホント、1日くらい家族や友人と充実した時間をゆっくり過ごして、2014年のスタートを良い形で皆で切れるよう過ごしてみては如何でしょうか^^

さて!

ここ数日はホント忙しくて、あまり作業する時間が取れてないのですが(更新する時間をひねり出すのが1番大変だったりします^^;;)、それでも在庫は増えていく・・・(((;゚д゚)))

1331002.jpg

随分と前の話題ですが、ウチにも当然『サンダーボルト版』3作到着してます・・・(^_^;A
一つ一つが大きいアイテムで、それが3つともなると・・・かなりのスペースを取られちゃいます(゚Д゚)

1231004.jpg

パッケージはマンガを描かれている太田垣先生のイラストになっています^^
ここ10年以上のガンプラを買っている方としてはこのパッケージは凄く新鮮に映るのではないでしょうか?^^

1331006.jpg

フルアーマーガンダムには初回特典としてブックレットが付くのですが、このブックレットがまた豪華〜!(゜Д゜)
『サンダーボルト』の単行本と同じ仕様になっていますね^^
中身も資料性が高く、特に本編マンガの『ネーム』が見れるのですが・・・。
この作品、本編のかなり緻密な書き込みが見所の一つかと思うのですが、ネーム状態でも非常に迫力のあるカットが見れます・・・ΣΣ(゚Д゚;)
漫画家さんって凄いなぁ〜・・・と改めて感心してみたり^^

是非初回版のフルアーマーを手に入れてこのブックレットに目を通してみて欲しいところです^^


と言うワケで、サンダーボルト版の話はココまで^^;
全く持って組む時間が見当たらず・・・(^_^;A
しばらくは組めなさそうです・・・(T^T)


余談ついでに、アクリジョン購入してみました〜!^^

1231020.jpg

全く新しい可能性を秘めた塗料、是非自分の目で見てみたいじゃないですか^^
とりあえず緑と白と溶剤(小かな?)をゲット。

ちょっと予定と違いますが、コイツでベアッガイさんを塗ってみようかと画策中^^;

1231021.jpg

この溶剤、液体が無色透明・・・ではなく、白く濁っているのが特徴ですね。
ちょっと気になります^^
開けて臭いをかいでみたいところですが・・・とりあえずお預け^^


さて、今日の工作はと言うと・・・。
ちょっと作業が前後しますが、とりあえず本体プロポーションに付いてから。

1231009.jpg

こんな感じでバランスは固定しました。

1231010.jpg

後。

1231011.jpg

だいたい長さの目砂州はコクピットブロックのスジ彫り辺りを目安に、胴接続部分の先端にエポパテを盛ってそれをストッパーに。

その他、センターアーマー上部のグレーのパーツの形状変更。


その他、ここ数日話題に上がっていたエングレービングに挑戦。

1231014.jpg

まずは再現度は低めではありますが、比較的お手軽な方法を考えてみました。

1231015.jpg

バンダイさんのビルダーズパーツから、1番小さいジオンマークを分解、似た箇所をエングレービングとして使用してみる。
厳密には形状が結構違いますが、その違いが気にならない方だったら・・・どうでしょうか?^^;

胸部中央はどうしようか検討中^^;;

それだけだとダメかな?と思い、僕も定番のプラ板切り出しに挑戦。

0.3ミリプラ板にマスキングテープに写し取ったエングレービングの柄をプラ板に張り込み。
(いきなりシールを使っちゃうと失敗した時に・・・ね?)
それに合わせて切り出し。
ここら辺はおおざっぱに。

反対側の分も作る為、大まかに削ったプラ板を、またまた0.3ミリに貼り付け。
両面テープとか瞬着で固定して作業してみましょう^^

最初に貼っておくのも手ですね(^_^;A

1231019.jpg

とりあえず出来たのがコチラ。

・・・(^_^;A

酷いな・・・(^_^;A

手に持ちながら、ピンバイスで掴みながら・・・の作業が難しいので(意外と簡単に折れる!ΣΣ(゚Д゚;))、胸部に貼っちゃいました^^;
ココからもうちょっとだけ整形していこうと思います^^


と言うワケで、ちょっと疲労と眠気が強いので^^;;;
短いですが、今日はここまで。

今日は大晦日です。
1年間、遊びに来て頂いて、本当にありがとうございました^^
2014年も引き続き頑張りますので、皆さんと一緒に模型趣味をたくさん楽しめたら嬉しく思います^^

ではでは。

良いお年を・・・!!!


来年またお会いしましょう〜!(笑

posted by シンたろー at 20:26 | Comment(2) | HGUCリバウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする