2013年09月27日

HGACウィングガンダム その0


お久しぶりになっちゃいましたね^^;
えっと・・・。

もうちょっとモンハンか?と思ったのですが(オイオイ^^;)、『実写版パトレイバー』の話題が発表されたって言うんですから黙ってられませんって!(爆

僕は『パトレイバー』が大好きです^^
中学生の頃に見てたのですが、あの頃『1998年になったらこんな未来になっていてもおかしくはない・・・』なんて思ったものです^^(え?そうでもない?当時の中学生の僕にはそれ位リアリティを感じる作品だったんですよ〜^^

そんな僕が『実写版』の話を聞いた時・・・。

『え〜〜!!?ΣΣ(゚Д゚;) 嫌な予感しかしない・・・(((;゚д゚)))』

が素直な感想(笑
アニメやマンガの新作の方がよっぽど嬉しいかったんですけどねぇ〜^^;

まぁ監督は押井守さんがやるって言うんだから・・・。
・・・やるって言うんだから・・・

・・・

・・・

(((;゚д゚)))
(注:押井守さんはロボットにリアリティを感じない、と言う理由でパトレイバーのような企画はキライ(まぁ仕事だからやった、と言う事)って話を何処かで読んだ気が・・・。だからP2はレイバーがあまり出てこない)

まぁ、『パトレイバー』ってのは『ロボットのアクション』が見せ場の一つではありますが、どちらかというと作り手側は人間ドラマ、組織ドラマ(踊る大捜査線の監督だってパトレイバーの影響を受けているって言うしw)、社会問題ドラマ(Oコンピュータウィルスによるハックとか、首都圏テロとか、時代を先取りしていたのには後々驚かされるわけで・・・。)の方に力を入れている話に感じますから、今回の実写版も・・・そっちがメインなんだろうなぁ〜と言う気がします^^;

そもそも設定が『現代ではレイバーは金がかかるから廃れた技術』って言う段階で、画面にあまりレイバーが映らなくても良いようになっているからなぁ〜(笑

1クール分+劇場新作と言う事なので、テレビシリーズやマンガ版のようなライトな話も織り交ぜてくれるんでしょうけども^^

肝心のストーリーは・・・

いずみのあきら?しおばらゆうま?
『3代目』特車2課と言う事なので、一応『P2以降の話』と言う事のようですが・・・。

なら名前はもう全くの別人で良かったんじゃ・・・orz

と思ったら、そう言う設定の原作が出てるんだとか^^;



レビューでは恐ろしいまでの酷評が並んでいますが・・・(^_^;A
逆に☆5のレビューってどんなんだろう?って読んでみると・・・。
あぁ、たぶんこの方の解釈の仕方が一番この本の本質なんだろうなぁ〜って感じでしょうか?^^;
一般的には他に並ぶレビューのように酷評したくなる気持ちになるような作品なんでしょうね。
(新型レイバーとか、アクションとか、野明達のその後の話を期待していたらそう思って当然ですよね^^;;)

内容がちょっと想像できちゃったし、おそらく実写版もそんな感じなんだろうな・・・と思いましたね^^;

強く期待するととても痛い目に合いそうなので、生暖かい目で見守っていきましょう(大核爆
面白かったら儲けもん!・・・くらいに期待しています^^;;
肩の力を抜いて、楽しみに待つとしますかw


さて、僕の方はと言うと・・・。

鋭意モンハン4攻略中・・・(大核爆
現在集会所★5攻略中ですね。

残すキークエは上位ゴアマガラ、上位ティガ(狂竜)なワケですが・・・。

度重なる連戦(上位)で、素材が無いんですよね・・・^^;;
今回色々竜人行商のばあちゃんが『旅団ポイント』と引き替えに調合に必要アイテムを分けてくれるので(ココに気づくのに時間がかかった^^;)、だいぶラクではあるのですが・・・。

『生肉』と『カクサンデメキン』不足が深刻です(^_^;A

カクサンデメキンは『大タル爆弾G』用なワケですが(上位でソロの時は大抵G爆弾2コと調合用3コで5匹必要)、下位や村の攻略時に小まめに投漁マシン使うのわすれてたから現在必要数が足りない・・・(^_^;A
ショートカットですぐ行けるとは言え、ポータブルシリーズの『畑』ように、素材収集場所が一箇所に集まってないのは狩りの合間に・・・という流れの中ではちょっと面倒ですよね^^;

そして上位後半戦を戦う為の装備を集めていると、ゴアマガラシリーズが一番最初に出来上がってきました。
・・・が、『闇玉(逆鱗と同義種のアイテム)』が出ない・・・orz

と思ったんですが、良く見るとこの装備、一式揃えるとかなりの火耐性の無さにビビり、スロットもあまり無いのが難点・・・。
胴以外はあるのですが、それでも『闘魂+1』『細菌学+1』が発動しているので、胴はスロットが多い防御力がある鎧でも良いのかな・・・?と思うように。

で、目を付けたのが『ジンオウガ装備』。
スロット3つもあるし!!
・・・と思ってジンオウガを狩っていると・・・今度は『碧玉』が出ない・・・orz

・・・そろそろ疲労してきました^^;;;

・・・と言う所ですね(爆

もうちょっとモンハンでの戦いが続きそうです・・・。。。

ちなみにゴアマガラもジンオウガも上位なのですが、村クエです。
今回『村クエ』でも上位のモンスターが出たりするので、そこを攻めていくのはなかなかアリだと思います^^
(たぶん集会所よりは体力がない・・・ハズ^^;)

ゴアマガラはちょっとトリッキー、ジンオウガは新しくモーションが入った『1パンチ後の発電パンチ』の伸びのあるパンチが避けられません・・・(T^T)

結構苦労しますよ〜(¬_,¬)b

武器は『チャージアックス→スラッシュアックス→チャージアックス』って感じです^^
最初からスラッシュアックスで行こうと思ったら、序盤で切れ味の良いスラッシュアックスが全然手に入らなかったので、緑ゲージが出るのが早かったチャージアックスを使用した・・・と言う次第^^;

新武器の操虫混はとても気持ちが良さそうですが、モーションが覚えきれないのでとりあえず後回し・・・ですね^^;(あと強化の仕方がよく分からない^^;;)

以上、モンハン話でした^^
コレでも軽く触れているだけなんですが・・・^^;;;
詳しくは別ブログにて書く事にしますね^^;;


さて、模型の方はと言うと・・・。
だいぶモンハンの方も煮詰まり始め、攻略スピードが落ちてきたので、気分転換に(←オイオイ^^;)模型でも作ろう!(いや、作りたい気持ちは常々心の底に持っていたんですよw)

と言う事で、色々迷いましたが・・・。
個人的には若干アマツを作りたいのですが(笑)、そこはそこ、完全新規の・・・そして『HGオールガンダムプロジェクト』の先陣を切りますウィングを見ない事にはファンとしてはダメでしょう・・・と言う事で^^

927008.jpg

ウィングガンダムです。
ウィングゼロをベースに開発された5気のガンダムの内のひとつ。
一番ゼロに近いコンセプトで作られた機体ですね。
『W』シリーズは人気はあるモノの、なかなかHGでは立体化に恵まれてこなかった珍しい機体です。
MGでは『EW版』の快進撃が記憶に新しいのであまり『久々』って感じはしませんが^^;
テレビ版ウィングだけはなかなか優遇されていて、ちょっと前には小さいサイズの半塗装済みキット(シリーズ名忘れちゃった^^;;;)、そしてMG版と、ここ数年の技術スタイルで2度ほどキット化されてたりします。

927010.jpg

ランナー一覧。
やはり小型MSと言う設定もあって、ランナーが小さいですね^^;;
大きさを除けば通常のHGシリーズのガンプラなんですが、程良く小さくて小気味良いです。

927012.jpg

アマツのランナーと比べるとその大きさの対比がよく分かる・・・(ってか、コレじゃ分からないか?^^;;)

一つ一つのパーツが小さいと思うと、若干組むのが大変そうな気がしなくもないですね^^;


では、いざ組み立て・・・。。。

と思ったら・・・。


・・・取説がない^^;;;;

アチコチそっち探しても見当たらず・・・。。。
どうやらちょっと中身覗いた際にと利雪だけ抜き取って見た模様・・・(^_^;A

少ない時間の中で組んじゃおう・・・と思ってただけに、探している内にタイムアップ^^;;


きょ・・・今日はお恥ずかしながらココまで・・・と言う事で^^;;
続きは明日!(予定)

・・・と言う事で宜しくお願いします^^;;;


posted by シンたろー at 17:48 | Comment(2) | HG Wガンダムフェニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

HGACウィングガンダム その1


無事帰還!^^
危ない危ない・・・^^;;;
ちゃんと今日はネタを作ってきましたからご安心を(笑
半分以上はモンハンですが・・・(滝汗


昨日より一部のホビーショップで新製品の予約が始まったそうですね。
追加となるアイテムの数々は・・・

11月 HGUC MS-06R-2ジョニーライデン専用機
   MG νガンダムVer.ka(チタニウムフィニッシュ)
   HGUC ネモ(ユニコーンデザートカラー)
   ガンダムデカール数種類
12月 HGフルアーマーガンダム(サンダーボルト版)
   HGジム(サンダーボルト版)
   HGザク+ビックガン(サンダーボルト版)
   SDクスィガンダム
   ガンダムデカール数種類

注目は『ジョニー機』とサンダーボルト版の面々!!!ΣΣ(゚Д゚;)
サンダーボルトに到っては、まさか12月に3つも突っ込むとは・・・(((;゚д゚)))
ってか、今年のバンダイさん・・・気合い入り過ぎじゃありません・・・???^^;;;
今年度の売り上げ目標高いんでしょうか?(笑

まぁ、来年はガンプラ35周年ですし、その前祝い・・・という感じなのでしょうか?^^
『ガンダムビルドファイターズ』、ブレイクすると良いですねぇ〜・・・^^
応援しますよ〜!(プラモをどうするかはちょっと思案中^^;本編見て面白ければ・・・。。。^^;;)

すっかり忘れてましたが・・・



まさかの『クロスボーンX3』がプレミアムバンダイで、X2に引き続き、『Ver.ka』で登場!!!
主役機ですよ。
カッコイイですよ〜。。。
欲しい・・・。。。
ケド・・・うーん・・・今モンハン効果で全く作ってないですしねぇ〜・・・ヾ(;´▽`A

そして今月からの怒濤のガンプララッシュ・・・(((;゚д゚)))
ぼ・・・僕は何処までついて行けるのでしょうか・・・(^_^;A

・・・えっ?

ついて行くに決まってる?w

流石長い付き合いだけあって、僕の事、分かってますねぇ〜(¬_,¬)b
HGは頑張りたいところですね^^
ビルドファイターズは若干毛色が違う作品なので、どうしようか迷い中。
立体物としては面白いし、楽しそうですが、『新しいデザインに触れる』と言う楽しみがないのは残念。。。
(今月発売のグレートメカニクスのインタビューでその辺が触れられてますが、その辺りはまた今度^^)

まぁ要約すると、作品登場のガンプラのコンセプトは『既存のモノを改造して自分だけのオンリーワンのガンプラ』にする、と言う事らしいので、フルスクラッチはちょっと・・・と言う事らしいです。

でも後半主役機は『完全新規デザイン』になりませんかねぇ〜?
それとも『グレートフリーダム(例えば、ね^^;)』なのかなぁ〜???
まぁ・・・それはそれで素性の良いHGフリーダムが手に入るから良いんですけど・・・(笑←流石に主役機は新規設計してくれるでしょうし^^

なんにせよ、まずは『第1話』でどう言う世界観を見せてくれるのか?
凄く楽しみですねぇ〜!
ガンダム好きなみんなが難しいコト考えず(そもそも設定が『プラモ好きー粒子(ホントはプラフスキー粒子らしいw)』ですもんw)、頭空っぽにして素直に楽しめる作品に仕上がっている事を期待しますっ!!

願わくば、ガンプラファンの僕等に幸せが訪れるような夢のある作品になりますように・・・(´▽`)


『プレミアムバンダイ』ネタからいつの間にかに『ビルドファイターズ』ネタに切り替わってますね(^_^;A
来週辺りに『RGストライクフリーダム』用の光の翼が受注開始になると思うので、まとめ買いを狙っている方は色々送料が1番安くなる作戦を練りましょう〜^^


さて!
今日の工作はと言うと・・・(おおぉ、久々の切り出しだ^^

927008.jpg

今日は待望のオールガンダムプロジェクトの第1弾『ウィング』の続きから行きますよ〜^^
・・・と言っても発売してからもうかれこれ半月以上・・・(^_^;A
今日は既にビルドファイターズの主役機が出荷されるって言うくらいいつの間にかに時間が経ってますので、見て下さる方にはもう古い情報で申し訳ないですが・・・(^_^;A

まぁ、気楽に僕のリハビリにお付き合いいただけたら嬉しく思います・・・^^;;

1003010.jpg

コレが今回のプロジェクトの中枢を担う新型PC!
その名も『PC-002』となります^^

・・・少なっ!!!!ΣΣ(゚Д゚;)ΣΣ(゚Д゚;)ΣΣ(゚Д゚;)

それもそのはず、後ほど触れる事になりますが、ヒジ関節とヒザ関節は実はPCレス仕様だったりします^^;
それはそれで若干の不安があるわけですが・・・
まぁ、バンダイさん的にはそれでも行ける!と踏んだんでしょうねぇ〜。
バンダイさんも頑なな企業ではありませんから、相当深い要望があれば002の仕様を若干変更したり(今までもPC-123プラスとか、PC-001にも外に拡張PCが付いたりしてますから)対応はいくらでも出来るんでしょう^^

あとはこのシリーズ(オールガンダムプロジェクト)がF91をはじめとするキット化されるMSが一回り小さいシリーズ・・・というのも絡んでの事なのかもしれませんね。

現地点での将来の展望は『関節設計共用(取り替えが出来る)』『武器類の相互利用』がウリのひとつにしたい・・・と言う思惑があるのは間違いないと思います。
ひらたく僕等の言葉で言えば、『ガンプラの『ダン戦』化が目標』と言う感じでしょうか?(笑←ザックリした例えだな^^;

『現地点での・・・』と言うのは・・・まぁ・・・ホラ^^;
バンダイさんの数々のトライアルが全て成功を収めて全てが脈々と受け継がれている・・・ワケではないですからね^^;;
(過去何度も発光ギミックを試しては挫折しても最後にLEDユニットとして昇華するケースは非常に希^^;発光ギミックに関してはバンダイさんの素晴らしい執念を感じます^^)

え?聞いちゃう?^^;
EXなんたら・・・とか^^;;、R3なんとか・・・とか^^;;;、DNA ofなんとか・・・とか????^^;;;;;;

でも、そう言うトライアルの積み重ねで今の成熟した技術やガンプラ市場が築き上げられているんですから、これからも諦めず何度でも無茶なトライアルはして欲しいと個人的には思いますね。
経験の蓄積による発展と展望って言うのはいくらでもあるでしょうし、ね。

さて、早速パチパチと組んでいくわけですが・・・。
おや?

1003011.jpg

ほぼ大多数の(一部例外アリ)ゲートがRG等で導入された『三角型』になってますね!
何気ない事かもしれませんが、この細いゲートで熱されたプラを注入してパーツが成形できるんですから、昔に比べたらどれだけ金型技術が上がった事になるんでしょうか?
それがほぼ全面的に取り入れられているんですから、本当に素晴らしいことです^^
(まぁ、SDやダンボールはタッチゲートというアレもかなりの技術ですが^^;手で綺麗にもげるのが強みですが、こちらの方がニッパーを使うには凄く便利^^)

しかも、この三角タイプはゲート跡が残りづらいですし、『2度切りした方が綺麗に仕上がる!』と言う教えを受けたパチ組み派にも、ゲートを機にしないで仮組みする塗装派にもかなりの恩恵のあるゲートかと思いますねぇ〜^^
一部通常のゲートがありますが、その部分の切れ味の重さに『ドキッ』としちゃうくらいですから、慣れたらこのタイプのゲートはラクですよねぇ〜。
『より手軽に気軽に・・・』と言うこのシリーズのコンセプトを、さりげなくサポートしていると思われます^^

さて胴体。

1003012.jpg

久々の胸部を組んで腹部は下からスライドして填め込むタイプ。
なんか久々にとっても懐かしい構造に出会ったな、と^^
最初見た時はコレが今後の組み立て構造の主流になるのか・・・と思いきや、やはり『キャラクターの再現性』と言う部分での設計から来ているんですかね?

後ハメを考えなくて良い構造ってのは素直に嬉しいです^^

1003014.jpg

頭部パーツ構成。
小型MSと言う事で、頭部に関しては本当に小さいパーツの集合体になってます(^_^;A
構成的にはガンダムの頭としては非常にオーソドックスに仕上げられていますね^^
三角ゲートのお陰でこういう非常に繊細なパーツのゲート処理が比較的簡単に綺麗に仕上がる、と言うのはパチ組み派の方々にも非常に有り難く思える部分じゃないでしょうか?^^
塗装派は言うに及ばず、ですね(笑

1003016.jpg

頭部完成。
非常に男前な面構えになっています^^
素直にカッコイイw
試作を見ると、若干次回のダブルエックスに不安があるのですが、ウィングのこの出来を見れば・・・きっと・・・(笑
さて、来月のオールガンダムプロジェクトの新作も楽しみですね^^

ところで、このウィングという機体。
ガンダムの中でも非常に珍しい頭部デザインで、ヒサシの下に『額(ヒタイ=まぁ、オデコですよね^^;)』があるタイプなんですねぇ〜。
普通はヒサシの下はすぐクマドリ・・・が大半なので、本当に珍しいタイプです。(それを希少種という?笑)

それが・・・。。。

1003017.jpg

このキット・・・この小ささながらに完璧に再現しています^^
凄い!!
しかもちゃんとカッコ良く見える様にデザインされているのがまた素晴らしい!
アゴを引けば通常のガンダムと同じようなデザインに見え、上を向かすとちゃんとヒタイが見える・・・という素晴らしい造形^^
設計した方の愛とコダワリを感じますねぇ〜^^

PC-002の設計か?
首は相変わらずPC仕様なのですが、形状自体はあまり変わったようには見えませんが・・・

1003020.jpg

キットの段階で完璧な『アゴ引き』を再現!
コレは嬉しい^^
PCの形状が違うのか?頭部内の設置位置が違うのか?
果たして従来品と何が違うのか?
頭の悪い僕にはよく分かりませんが(笑←ボール受けの設置位置だと予想)、『PC-001』を採用したキットはほとんどの割合で修正が必要だったので、コレでアゴ引きさせる為の工作が必要なくなる・・・のでしょうか?
今後『PC-002』を採用しているキットには要注目です^^

1003021.jpg

勿論上を向くのは従来品同様です^^
この辺にも設計の技術力の向上が見え隠れしていますね^^
さすがバンダイさん^^

1003013.jpg

バックパック基部。
通常のキットならの可動部分でPCを使うのですが、今回は『新型プラ』ですね。
新型プラはマラサイから投入されたABSに変わる新素材プラスチックですね。
通常のプラより柔軟性(粘り)があり(ただしABSには劣る)、ABSと違い、塗装が出来る素材、と言う謳い文句。

更には注目ポイントとなるヒジ関節。

1003024.jpg

お・・・
恐ろしいまでのシンプルさ^^;;
『00』シリーズの『関節が円で構成』されて以降、関節の進化が随分と進んだ気がしますねぇ〜。
あの頃はまだその円の中にPCを組み込んでいたものですが、今回は潔くサッパリありません(笑
まぁこの辺はダンボール戦機シリーズの2重関節に近いモノがありますかね?
組みやすいって言えば非常に組みやすい^^

強度さえ大丈夫なら僕個人的にはPCが万能ってワケでもないですし、あろうと無かろうとどちらでも良いんですが・・・、まぁ・・・あった方が安心感はありますかねぇ〜(笑

これから数作箱の関節が続くと思いますが、それらのキットの出来次第で今後の展開に続くものと思われます^^
それ以前の問題として、小型MSシリーズだから・・・というのもあるのかもしれませんが^^;
(GNアーチャーやファルシアはABS関節でしたよねぇ?←既に忘れてる人^^;)

それよりも個人的にビックリしたのは・・・

1003025.jpg

前腕ブロックを下から差し込むって事かな〜(笑←WiiUがタブレット代わり^^;電子と利雪ですよ、時代を先取りですよ(^_^;A←実はそういうところはアナログ派な人なんだけど^^;

コレには流石にビックリ^^;
え?
今後もこんな感じかな?
まぁ、後ハメもしなくて良いし・・・嬉しいけど・・・。。。
なんだろう・・・。
このザックリ感^^;;
いや、その分形状がおかしくなっている・・・とかがあるワケじゃないから、素直に喜んで良いんでしょうけど・・・お手軽すぎて今までのガンプラ概念が変わりそうな・・・^^;

・・・ダンボール?

・・・というわけで続きの下半身が非常に気になるところではありますが・・・
今日はここまで^^;;;

流石次世代シリーズとも言うべき内容を含んだキットになっているんじゃないでしょうか?
前腕のあの構成なら同じフレーム(と言って良いんだろうか?^^;)内径であれば本当に入れ替え可能になるなぁ〜と思ったり・・・。
それが何とも不思議な・・・凄いような、寂しいような・・・^^;

『それが新世代のガンプラだっ!!!』

と割り切れれば良いんでしょうけど・・・所詮僕はオールドタイプなのか・・・?
果たして全部くみ終わった時のに何を感じるんでしょうか?
そして、これから続く『HGオールガンダムプロジェクト』通してどう感じ方が変化するのか?

その辺もこのシリーズの醍醐味なのかもしれませんね^^
全部ひっくるめて楽しんじゃいましょう^^

1003030.jpg

キットは設定と比べると大きい・・・らしいですが、同シリーズのゾゴックと比べるとその線の細さに驚かされます^^;(まぁゾゴックがタダでも一回りデカいんですけど^^;

それにしても分かっちゃいるけど・・・
この手首の酷さだけはガンプラの退化を感じる部分ですね・・・(´・ω・`)
(どのキットの武器でも相互に使い回せるように・・・と言う配慮のようです。好きな武器を持って戦え!と^^)
ば・・・バンダイさん・・・。。。
コンセプトはわかりはしますが・・・
もうちょっと見栄え良くなるよう努力しても良いのでは・・・(^_^;A

そりゃ、代わりにビルドパーツの『手首』を買ってくれ、と言う事なのでしょうが・・・・(^_^;A
それにしても・・・ですよ・・・(´・ω・`)

まぁ、続きはまた明日・・・って事で^^



posted by シンたろー at 17:35 | Comment(0) | HG Wガンダムフェニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

HGACウィングガンダム その2


皆さん、見ましたか!?ΣΣ(゚Д゚;)
何がって・・・

『ガンダムビルドファイターズ』ですよっ!!!o(^-^)o

え?
見てない???(^_^;A

コチラにて『第1話セイとレイジ』無料公開中〜!
http://gundam-bf.net/


いやぁ〜・・・面白かったですねぇ〜!
雰囲気、展開はまさしく『ガンプラビルダーズ』と一緒。
良い意味で色々濃くなっていて、まさに正当進化版と言っても過言ではない内容^^

今週のメインはビルドストライクは勿論、『HGACウィングガンダム』と『HGUCギャン』と言っても過言ではないでしょう^^
ウィングに到っては機体解説もあったし、セイ君の実家が模型店という設定もあって、堂々と番組内で販促シーンを入れても全く違和感なしw
コリャ凄いぜ!(笑←来週・再来週辺りでダブルエックスの販促が入っていたらホンモノだw

随所に制作側の『ガンダム愛』が溢れかえっていて、全てのガンダムファンが『ガンプラ』と言う共通キーワードを元に一緒くたになって楽しめる作品に仕上がるんじゃないでしょうか?^^

映像的も非常に綺麗で、丁寧に繊細なタッチで描かれているキャラクター、グリグリ動き回るMS・・・と、映像作品単体としても非常に完成度が高いアニメとなっています。

うーん・・・、このレベルのモノが毎週見られるの!?ΣΣ(゚Д゚;)
ちょっと・・・いや、かなり・・・楽しい1年になりそうな・・・w

これは・・・ガンダムファンいや、ガンプラファンなら尚更応援したくなる作品ですね^^
実際ちょっと迷っていたけど、積極的に作って行けたらいいな、と思います^^


と言うワケで、今日は第1話でも大フィーチャーされた『HGACウィングガンダム』の続きを作っていきます^^

1007003.jpg

脚の構造。
PCのは位置的にはビルドストライクと同様。
ただ変形機構を持つからか、PCの向き、ヒザ関節の2重化等が施され、その辺が独特な設計になっています。
PC共用、関節設計流用とは言え、そこはやはり各キャラクターごとに特色があるモノはそれを再現する事に重きが置かれているようです。
ココは流石にビルドストライクとの入れ替えは難しいでしょうねぇ〜。
・・・たぶん^^;(僕は頭が固いから自信なし^^;;

1007002.jpg

太もも軸の構成はビルドストライクと全く一緒ですね。
ってか、PCを共用しているワケですから、これからの新作もきっと同じ構造になるんでしょう^^
『どうしてこういう仕様になったんでしょう?』と思ってましたが、今までのモノだとPCを挟み込むという関係上、どうしても『PCの位置が関節のど真ん中』に来てしまうわけで・・・。

この新型の構造だと、PC受け穴が関節の前側にオフセット出来て、結果股軸を腰関節の前側に持って行けるようになるんですねぇ〜。
で、『素組みのままでもS字立ちが出来る』と言う。
頭良いなぁ〜・・・。。。

1007004.jpg

ビルドストライク同様、通常のキットよりも前寄りな軸位置。
股軸自体は従来の下から差し込む仕様から、前後挟み込み方式へと変更され、その結果『股軸の前後可動がなくなりました』!ΣΣ(゚Д゚;)

それってデメリットなんじゃ・・・?(前後に動く事で片ヒザが付く・・・記憶している限りではMG陸戦型ガンダムで生み出した構造じゃ?←アレからだいぶスケール違いに導入され、構造も簡素化されましたが^^)

ウィングはまだ試してないのですが、ビルドストライクはかなり綺麗に片ヒザ付いてました^^

1008003.jpg

かつてココまで綺麗に片ヒザをついたHGガンダムがあったでしょうか?ΣΣ(゚Д゚;)
勿論今までも付いていましたが、細かく言えばちょっとヒザが浮いたりとか、上体がのけぞったりとか(胴のPCを引きだして曲げたりとかw)、それでも付いただけでも『凄い!』と感動としてきたわけです。

新型PCというよりは、設計している方の関節位置の考察が非常に的確かつそれを反映できるほどの努力と技術の進歩と言っても良いんじゃないでしょうか?
これは・・・本当に・・・本当にスゲェ〜ΣΣ(゚Д゚;)事ですよ・・・。
股軸の前後医可動が無くてもココまで動かせるわけですから、必要のない可動はバッサリ切り落として良い・・・と言う事なのでしょう。
その取捨選択も素晴らしい^^

1008004.jpg

RGじゃなくてもココまで出来るって・・・本当に何処まで進化し続けるのでしょうか?
だからこそ、ガンプラはやめられませんねぇ〜^^

1008008.jpg

胴でも良い事ですが、このビルドストライク。
靴の形状が超カッコ良いw
組んでいる時は『細過ぎじゃね?』とか思ってましたが、最高級にカッコ良いです^^
アンクルアーマーも野暮ったくなりがちなのですがスリムな造形ですし(RGSEEDシリーズでさえちょっと野暮ったさを感じる)、本当にコレ設計している方、凄いです^^

どうでも言いついでにもうひとつ・・・。

1008009.jpg

ビルドストライク、一応設定上は『ストライクガンダム』のバリエーション機という設定のようで、頭頂高等もビルダー自身が決めたモノがあるそうで・・・。
つまり、HGビルドストライクは『1/144』が正しい・・・と言う事のようです^^;

それはつまり・・・やっぱり『MGビルドストライクもアリ』と言う事なのでしょう^^

良し、BOXの特典MGは『MGビルドストライク〜プラフスキーバージョン〜』と見た!!!
如何でしょうか?(笑
結果はいずれ判明するという事で・・・w


さてさて、話が大きく逸れましたが・・・^^;;
ウィングの続きです^^

1007005.jpg

羽根の構造はシンプル・・・ではありますが、その根本の構造が凄い。
独特の形状で上手く噛み合うよう、そしてロックがかかるような形状になっています。
この辺のギミック設計は目を見張るモノがあります^^

1007006.jpg

武器類。
シールドの中折れがキチンと再現されているのは良いですね^^
ただ、ライフルは・・・一応形にはなっているけどザックリしたパーツ割り^^;
銃口すらライフル本体の片側に寄せ、一体成形になっています。

・・・いや一体成形自体が悪いワケじゃないし、組みやすさ・・・という面から見ればパーツが少ない事は組みやすさに繋がるから良い事ですし、形状に問題がなければ最高な技術ですが・・・。
・・・なんかどうも感情的には『ザックリ感』を感じざるをえないワケで・・・^^;;;
なんででしょうね?^^;

1007014.jpg

と言うワケでウィングも完成!
非常にカッコ良い仕上がり^^
1番遅れていた『W』もようやくHGシリーズへと進化を遂げてくれて今後の展開が楽しみです^^

ただ、個人的にはどうもこの新シリーズの腕と胴の接続にやや『モヤモヤ感』を感じますねぇ〜。。。
なんでしょ?
胸を張る様に肩を後に向けづらい・・・向けると引き抜かんばかりに軸が見えちゃう・・・。
色々検証した結果、全く後ろに行かないわけではないので、許容範囲と言えば許容範囲なのですが・・・。
僕の理想よりはちょっと低いかな?
この辺はこの仕様がしばらく続いちゃいそうなので、作る度にこの辺を弄るのは『僕は』必須になりそうな予感がします^^;

ココまで完成度が高いモノを見せつけられているわけですから、この辺まで踏み込んで欲しかったなぁ〜と。
ビルドファイターズ本編のビルドストライクも相当胸張ってましたし^^
(肩が後ろに向けられていたけどキットではアソコまでは・・・引き出せば出来るけど・・・軸丸見えでカッコ良くないのよね・・・^^;)

1007018.jpg

ウィングは基部で可動&それぞれの色で可動。
あまり頭が良くないので、あの『ロック機構』の影響でどれが何処まで動いたり制限したりしているのかが分からないのですが・・・^^;;

1007022.jpg

ウィングは実は本編をあまり見ていないので、テレビシリーズのデザインはあまり触れてこなかったのでした^^;(エンドレスワルツはMGでの展開で触れているけど)
アーリーと比べると相当シンプルですが、コレはコレでカッコイイ機体ですよねぇ〜^^
MGで唐突に出た時非常に作りたく思っていたので、これを機にテレビ版のウィングを楽しむのもアリですね^^
勿論『ゼロ』も期待できるんでしょうか?>HGオールガンダムプロジェクト

1007027.jpg

ビルドストライクと。
一回り小型、と言うのが見て取れるのは良いですね^^
小さいとどうもおおざっぱになりがち、扱いがちになりますが、このキットは構造こそ簡素にしつつも最新技術の塊で再現されている事に違いはありません^^
是非更に進化した新世代のHGシリーズを体感してみては如何でしょうか?^^


と言うワケで、僕もコイツも作りたいわけですが・・・。。。
ビルドファイターズを見た今となっては・・・応援する為にはやはり『フェニーチェ』として組み上げるべきなんでしょうか?(笑

え?
2体とも?(((;゚д゚)))
い・・・いや、流石にそこまでは追いつかないでしょう・・・(^_^;A


今週はオールガンダムプロジェクト第2弾『HGAWダブルエックス』が出荷されます!
ダブルエックスはとても好きなガンダムですので、僕自身非常に楽しみです^^

是非是非お楽しみに〜^^


posted by シンたろー at 14:44 | Comment(5) | HG Wガンダムフェニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

HGガンダムフェニーチェ その0.5


昨日は・・・。。。
呑んだくれましたぁ〜(´▽`)
のみも呑んだ・・・と思う。
ってか、どれほど呑んだかもあまり覚えてない・・・^^;;
まぁ、良いお酒の飲み方ではない気もしますが。
楽しかったので良いお酒です(笑

と言うワケで・・・。
全く作業をしていないのですが(汗)、こんな日の為に?
・・・いや、文章書くヒマがなかっただけなんですけど^^;、ちょうど書いてないネタが一本有るのでそちらをご紹介しましょう^^


と言うワケで、ガンダムフェニーチェです!!!

えっ?^^;

そう!・・・まだキットは未発売^^;;(12月5日出荷予定)

でもキットは『HGACウィングガンダム』のバリエーションキットですので、模型誌で新規パーツを除いた共通部分を見極め、先にウィングのキットを弄っていこう!と言う目論見なわけです^^

『ビルドファイターズ』は放送前はどうなるか心配でしたが、フタを開けてみれば本編ストーリーも面白いですし、戦闘シーンの描写もとても丁寧で、見ているコチラを熱くさせてくれる良い作品です^^
ガンダム好きなスタッフさんの思い入れたっぷりに描かれているMS達はその本来の魅力を溢れんばかりに表現されていて、とても『作りたい』欲求を刺激してくれますよね。
ガンダムネタがセリフ、状況、画面にコレでもかっ!と詰め込まれていますが、知らなくてもキチンと一本の番組として成立していますし、『知ってれば更に奥深く楽しめる』という2面性を上手く融合した作品になっているんじゃないでしょうか?^^
ラルさんは元ネタを知らない人にはそのネタが分からなくても、委員長と同じ感想『誰?このオッサン。でもなんかガンプラに詳しいおじさんだな・・・』で良いのです^^
僕等から見たらどう見ても『あの』ラルさんにしか見えませんが(笑)
ビルドファイターズの世界観に『転生したら』あんなお茶目なおじさんになっちゃったんだなぁ〜・・・と感慨にふければいいわけです(大笑

まぁ、ビルドファイターズの話は良いとして・・・^^;;

そんな『ビルドファイターズ』に登場する『ガンプラ選手権イタリア代表リカルド・フェリーニ(声はグラハム・エイカー・笑)』がウィングガンダムをベースに作り上げたフェニーチェですよ。

劇中でも既にチラチラと活躍していますが、特に5話のレイジのVガンダムとの特訓シーンの活躍はパースも付いていたりして、本当にカッコ良かったのです^^
なので、最近では久々にキットを素に近い状態で組むよりは、もっとノビノビとクセッ気込みで作っても面白いんじゃないかと思う次第。。。

で、導き出した答えが・・・。

1128004.jpg

『あのポーズ』を突き詰める、です(笑
あのパースの付いた画稿の要素を『なるべく手軽に(←毎回じゃないか^^;』取り入れよう・・・と思った結果、腹部で2ミリ、モモ上端で2ミリ延長。
更に、腹部と胸部の間に『エポパテムニュ』を使い、更に胸前面を伸びやかに、人の体勢で言えば『より胸を張った状態に』してあげます。

当然胸部下側が大きく相手カッコ悪いので(汗)、下部分も伸びやかにエポパテで成形。

腹部下側(白いパーツ)が1.5〜2ミリほど伸びたので、白い部分も『伸びすぎて見える』ので、フロントセンターアーマーの上端を1ミリほど延長。

なかなかハッタリの効いた面白いプロポーションになったのではないでしょうか?(笑

1128006.jpg

後から見たらカッコ良くない^^;
いや、今はこの状態だから・・・ですよ、きっと^^;
ちゃんと羽が付いたら成立するはず・・・(まぁ羽根が隠してくれる、とも言う^^;)

ところでこのポーズでは成立するけど、いつもの立ちポーズでは成立するんでしょうか?^^;

1128076.jpg

各部盛ったエポパテをあらかた削ってあります。
意外と成立しているでしょう?^^
久々にプロポーションで遊んだ作品が出来そうですね^^

本体発売前に表面処理をしておいて、フェニーチェ専用パーツが来るのを楽しみにまつとしましょう^^

と言うワケで、今日はこんな感じです。
二日酔いではないですが、若干・・・眠いです・・・(´・ω・`)

posted by シンたろー at 12:24 | Comment(2) | HG Wガンダムフェニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

HGガンダムフェニーチェ その1


今日は長くなりそうなので(笑)、とっとと進めましょうか?^^;

そうそう!忘れてましたけども、プレミアムバンダイさんから連絡がとっくに来てたのですが・・・。

☆HGUCリバウ 12月20日頃発送

との事でした^^
届きましたらまたコチラでご紹介したいところですね^^

と言うワケで、今日の工作はと言うと・・・。。。

DSCN3196.jpg

リカルド・フェリーニの扱う『ウィングガンダムフェニーチェ』です^^
半壊したモノを修復したようで、左右非対称のデザインが特徴的な機体となっています。
ツインアイは緑と赤の2色と言う事で、左右で色が違うガンダムは初めてではないでしょうか?
(エクシアリペアを除くw)
ちなみに『フェニーチェ』とは『不死鳥』を意味するようで、そこには何度倒れても修復して困難に立ち向かう・・・という意味が込められていると言った感じでしょうか?^^

キットはと言うと・・・。

DSCN3198.jpg

コチラはウィングガンダム分です。
ウィングで言うところの赤いランナーがない感じなのかな?

DSCN3201.jpg

コチラがフェニーチェ専用の新規パーツとなっています。
赤いパーツはウィングと共通デザインのものも含まれていますが、共通する部分でも一部新規デザインになっていたりします^^(後述)

DSCN3207.jpg

ウィングガンダムフェニーチェです^^(早い^^;
組み立て自体はウィングとほぼ一緒。
新規パーツ部分をウィングのモノと組み替えていく感じです。

DSCN3209.jpg

かなりまとまった印象^^
ウィングの時凄く気になっていた肩の軸ですが、このデザインだとあまり気になりませんね・・・。
デザインのせいなのか?
それとも色のせいなのか???

色は意外と緑が深い色合いで、見た感じ『セブンイレブン』カラーに見えますね(^_^;A
イタリア感があるような・・・無いような・・・(笑

DSCN3211.jpg

特徴的な片側に寄せられた羽根。
それを補うかのように右側にはライフルが装備できるようになっています。
これ、実は簡単に左右4枚羽根にも出来る仕様になっています^^
・・・僕は左右非対称に惹かれているのでやりませんけどね(笑

DSCN3215.jpg

ライフルはウィングのモノに新規のライフルが下からくっついている連結状態。

DSCN3217.jpg

もちろん連結を解除して左右に持たせる事がで来ます^^

DSCN3226.jpg

コチラはビームマント。
結構雰囲気がある造形で仕上がりが良い感じですね^^
ちなみにクリアパーツなのに軟質ではなく、硬質なプラスチックでの成形品になっています(゚Д゚)

ところで・・・。

DSCN3229.jpg

かかととか、胴の赤い部分は共通デザインなのですが・・・。
頭部は新規専用デザインになっています。(後頭部は同パーツ)
目つきがかなり『悪魔的なデザイン』のつり目になっています。
コレって『演出』かと思っていたのですが、どうやら『設定』のようですね^^;
ガンダムの中ではかなり異質な形状だけに、ちょっと気になりますw
あと、共通そうに見えてヒサシのデザインがノーマルと違いますね(゚Д゚)
そして、ヒタイの赤いパーツもその湾曲率に合わせた専用のデザインのようですΣΣ(゚Д゚;)

なかなか芸コマな感じがグッドです^^

と、一通り見てきたところで・・・。。。

DSCN3233.jpg

あっという間にバラバラにされてしまうフェニーチェ・・・(;ω;)
可哀想に・・・(´・ω・`)

しかし!
不死鳥のように蘇るのです^^(笑

DSCN3245.jpg

『その0.5』までで加工してあったモノとドッキング^^
・・・
・・・うーん、ちょっとヒョロいかな?^^;;

肩は加工したモノを使おうと思っていたのですが・・・。

DSCN3235.jpg

取り付け基部がウィングと違い、あまり目立たないし、このストッパーがあった方が『綺麗に脇が締まる』ので、ノーマルに戻しちゃいました^^;

DSCN3261.jpg

例のポーズ。
決まって・・・いるような・・・、、、ノーマルと大差がないような・・・(^_^;A

とは言え、比べてみると・・・。

DSCN3264.jpg

かなりの身長差があるんですけどね^^;;;
こうして見ると流石に弄ってある方が僕好みです^^(そりゃそうでしょうよ・・・^^;;;
まぁ好みの分かれるところかとは思いますが^^;;;

でも流石にちょっと胴が長すぎ感じなのと、イマイチ立ち姿がカッコ良くないのでアレコレ調整・・・。
具体的にはとりあえず腹部の調整。
クサビ状に削り込みです。

DSCN3270.jpg

こんな感じに仕上がりました^^
立ち姿のプロポーションとしては僕好みのところに落ち着きましたね^^
ちょっと一安心^^
ココから、細部に手を加えて完成形に持っていこうと思います^^

気になるのは・・・。。。
右膝が小さい?
あとは羽根の取り付け位置と長さ・・・かな?

・・・また羽根の延長をしなければならないのか・・・orz
今現在も裏でビルドストライクの羽根の処理で四苦八苦しているんですけど・・・(笑

ま、どちらにしてももうちょっとだけ続きます^^
まぁショートカットしている分、いつもよりは早めに終わる予定ですけども・・・(笑


と言うワケで、今日はここまで。

★拍手のレス★


サフ状態を見ると、バイアラン・カスタム2号機と同じ系譜に感じます。


返事遅くてゴメンナサイ^^;;
コレ、『ビルドガンダムマーク2』向けのコメントですね^^
なるほど〜!
それはあまり気がつきませんでしたね!
個人的にはもうちょっとだけ活躍が見たかったところですが・・・^^;;
後継機に期待しましょう!(爆


どもです^^

ベアッガイVの侵食率が異様に高いと思ったら黒幕がこんな所に・・・(笑)
2月の宇都宮が楽しみですよ^^

勿論、色はピンクだよね〜っと軽くプレッシャーなど(爆)
名前入れるの忘れてた^^;

by黒狐

背負い物は禁止じゃないのね ( ̄ー ̄)ニヤリ


黒狐さん、どうも^^
実は僕が手を付けたのが最後尾なほど皆ノリノリですね^^;
おそらくヒ(イ)ロさんはベアッガイのみの提出になると思います!(大笑
コレだけ振っているから、キットヒ(イ)ロさんは期待に応えてくれるはず・・・o(^-^)o←どっちに?w

色はまだ特に決めていないのですが、皆が言うにはプリキュアカラーって言ってましたけど?
それって・・・何色なの?(^_^;A

個人的にはガイアカラーの初音ミクカラーを使ってみたかったなぁ〜w
まぁ、ピンクもコーラルピンク使ってみたいですけどw
バーチャロンカラーは鮮やかな色が一杯で楽しそうですよね^^
白混ぜるだけでポップな色合いになるんでしょうか?
その辺が唯一の心配事です^^;
いざとなったらクレオスのパステルカラーに逃げましょう・・・(笑

背負いモノは禁止ではないですが・・・リボンよりカワイイアイテムがあるのでしょうか?(¬_,¬)b

では、また!


posted by シンたろー at 17:58 | Comment(4) | HG Wガンダムフェニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする