2018年04月21日

「機動戦士ガンダムNT」始動!

「UC next 100 プロジェクト」が発表されましたね!
昨日更新した後に発表会があったのを思い出して(アンテナ鈍ってますw昼まで覚えてたんだけど忙しくて忘れちゃったw)、YouTubeで会見見ました。

バレちゃまずい情報まで飛び出して、壮大なことを考えているなぁ・・・と思ったりw
平たくいうと、これから毎年1本ずつ劇場公開作品を公開します!
…という内容ですねw(端折りすぎ?w

多分、ユニコーン、オリジンを作ってきたスタジオの今後の予定を発表したわけで、コレって…
オリジンはもう今度の作品で一区切り・・・と言うことなんでしょうね・・・。。。(T-T)
ちょっと意外だし寂しいな…と思っちゃいました(´・ω・`)

でもその反面、今回の発表で今までUC100年までの歴史の次の100年をしっかり紡ぎあげていく方針にはちょっと面白いな、とも思いましたね。

今までのファンだけでは先細る。
これから新しいファン層も獲得していかなければならない。
それは今までは「アナザーガンダム」の役目とだとばかり思ってましたが、宇宙世紀でもできる方法があったんですね。
全く気づいてませんでしたw

今「オリジン」をこの先作っても、見終わった後に「ゼータに続くよ!」、とか、「逆シャアが良いよ!」と言っても、今見るとフィルム的には結構古い部類になりますし、今のアニメファンの鑑賞にはなかなか耐えられない。
かと言って、それらを全部これからリメイクする手間を考えるよりは(今までのファンはそれなりに楽しむかもしれないけど先が分かっていると最大限の力はいらないでしょ?)、宇宙世紀をベースにこれから先の新しい100年を紡いだ方が今までのファンもこれからのファンも一緒にまとめて楽しめる環境になるし、その方が人気を保つのには建設的方法論なのかな?とも思いました。

気に入ってくれたら過去に戻ればいいわけですし(気に入ったらフィルムの古さは気にならないでしょうし、話の面白さは折り紙つきですからw)、今までのファンの方は焼き直しじゃない新しいモノを見れるわけで、考えうる「ファン全員のwin-win」の関係性を築き上げるベストの回答ではないでしょうか?
会見を見ていて、「ナルホド…!」とひとり感心してしまいましたw

オフレコみたいですけど、ここから先三部作で「閃光のハサウェイ」、そして「ユニコーン2」と、100年分の指針が示されたわけで、どう「F91」に繋がっていくのか…。
ってか、そこまでじゃ100年に全然満たないじゃん…汗
「F91」「Vガンダム」まで行って100年ってことなのかなぁ…。。。

もう1年戦争部分はパンパンよ!と思ってただけに、今までほとんど手付かずだった100年代を掘り下げていくってのは面白く感じるでしょう。
期待したいところです!

そのためには福井さんも言ってましたが、ファンの応援があってこそ!
SEEDの時の様に、発表されていても実現されないことなんてこの業界では良くある話(汗)、ですから、ちゃんと紡ぎあげられる様、応援していくしかありませんね!(^^)

ただ、一つ問題が…。

全部見れる頃には僕は一体何…(略

いや、楽しい人生送れるならそれは気にしちゃダメでしょ!(笑


あー!
あと気になるのはこの先のキットはヘビー級なボリュームのモノばかりになるのはツラいなぁ〜(笑

それもまた楽しみでもありますけどw

というわけで、今日はナラティブの話でしたw

何年ぶりの連投なのだろうか!?(祝w


posted by シンたろー at 23:32| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。