2019年03月26日

MG Hi-νガンダム(再び) その1


お元気ですか?
僕は元気です!^^
今年こそ趣味も頑張るぞぉ~!と毎年言ってますが、頑張ろうと思います!
(再開時はいつもそう思ってるw

今日のお題は…『MG Hi-νガンダムVer.ka』です!
過去にも何度か取り上げていると思うのですが、あのまま机の上に放置されてまして…(;^_^A
で、最近NAOKIさんの作品集を見てて…
(たまたま目に入ったのでw←偶然に寄与され過ぎw)

『!!!』と閃いたのです!^^

…閃いちゃったらさ…。
試したくなるじゃないですか…( ̄▽ ̄)

IMG_9517.jpg

横から見るとカッコいいのに、実際に組んで360度眺めまわしてみると、頭部の小ささが起因して全身のバランスがあまり良くないなぁ…。と思ってたんです。
作例では胴を小さくしていると出ていたので『なるほど!そりゃそうか!』…と(笑←気づくのが遅いw

で、取説で構造を眺めていると、『うーん…』どうにも手を加える隙がないんですよねぇ…。
『僕の実力じゃ…手に負えん…(;^_^A』と思ってたんですけど、それなら『胴を小さく見せること』と『頭部を大きく見せること』で攻めていくならできるのではないか?

という仮説にたどり着きました。(今頃(;^_^A)

余談ではありますが…。
僕の好きな言葉に『困難の分割』(『金田一少年の事件簿』よりw)というのがありまして…。
いろんな場面で困った時にいつも心の中で『ボソボソ』と呟いております…(感謝w

なので、今回もそれだっっっ!
…ということで、まずは手の付けやすそうな頭部を大きくするのです^^
(失敗したら即座にお蔵入りさせちゃえばいいじゃんw…という計算でもある)


~結果~

IMG_9515.jpg

というわけで、耳横で一ミリ棒を貼って、そこが頂点になるようエポパテで。耳横はキットのサイズ。
横幅ができました。
後頭部も後ろ角度が付くあたりでライン合わせ。

ついでに顔が命!と思いましたので、目尻の部分を埋め、切れ目のラインを通常のガンダム寄りのラインへ。
この辺はNAOKIさんの作例をパクる。
正面から見た時の『ガンダム感』が出ます。
おススメ工作です。

顎周りのラインを変更。
この辺の処理はカトキさんが好きなのか、バンダイさんの設計さんが好きなのか、金型の都合なのかはわかりませんが…(笑)
好みの形状へ。
小さく見える効果もある…?のか?

というわけで、今日はここまで^^

不定期ですし、お約束もしませんが…。
あれこれ話たいネタ、仕込んどきますw












posted by シンたろー at 17:47| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。